寝違え

寝違えは腋窩(えきか)神経 ←わきの中の神経、肩甲背神経などに対し強い一過性の圧迫が一定の時間継続的にかかった時に発症します。そして首を動かす際に痛みを発します。

当院ではその場合、圧迫を受けた神経の促通を良くする治療を施します。


それには、肩甲挙筋、中斜角筋を緩め、神経の動きをスムーズにするのが大事です。


四六時中首が痛むような場合は首の関節に炎症が出ている事がありますので単なる寝違えでない場合がありますので治るまでに少し時間がかかります。