坐骨神経痛

坐骨神経痛でお悩みの方は多いです。

 

お尻から太ももにかけて痛みがあるものを坐骨神経痛といいます。

 

坐骨神経痛でも整形外科でヘルニアと診断を受け、

 

腰の牽引を受けたが一向に良くならなく当院に来院される方も多いです。

そういった人の殆どが、股関節周りの筋の硬結がおもな原因という方です。

 

股関節が固くなりそれにより、骨盤の関節に負担がかかり、骨盤周辺の筋肉が緊張してその間を通過する神経を圧迫して痺れや痛みを引き起こします。

 

坐骨神経痛でお悩みの方はお家で股関節周辺を緩めるストレッチなどが有効かと思います。

 

今はyoutubeでもいろいろとストレッチ法などUPされているので見てまずはやってみてください。

 

股関節が固くなる原因として体のバランスもあります。

重心が真っ直ぐでないと股関節でバランスをとるので、

バランスが崩れたままですと股関節の筋肉を緩めてもすぐに緊張してしまいます。

ご自分ではどうしようも無い方はお越しください。

 

 

太ももの痺れ

ふとももの前面がしびれる方、たまに来られます。

 

太ももに痺れがある人はまず股関節の前面(鼠径部)あたりを押すと圧痛があります。

 

鼠径部周辺を緩めることがそのしびれを解消する方法です。

 

前から骨盤を触って硬い処が、上前腸骨棘でそのすぐ内側を外側大腿皮神経が通っております。

 

その外側大腿皮神経が太もも前面の皮膚感覚を司っておりますので、

 

その神経の通りを良くすることでふともも前面の痺れが解消することがあります。

 

当院では体の軸を整え、骨盤腔内の緊張を緩め鼠径部の緊張をとり、神経の流れをよくさせ

症状を解消することを行います。

 

ご自分では鼠径部を軽くマッサージ、股関節のストレッチなどをしてみてください。