逆流性食道炎

逆流性食道炎

6月にイギリスで行われる、

 

クラシカルオステオパシーのweek4というセミナーに参加するために

 

症例報告を書かなくてはいけないですが、

 

いかんせん文章を書くことがとても苦手なのでぜんぜん進まない。。

 

一応、12月下旬から治療をしている方の症例をまとめている。

 

 

この方の症状は逆流性食道炎。

 

1回で逆流性食道炎の症状は消えた。

 

ただ症例報告のために5回ほど

 

施術を行う予定です。

 

逆流性食道炎とは

胃酸が胃から逆流して、食道を傷つけて、

ただれ、潰瘍、胃のむかつき、胸焼けなどを起こす病気です。

逆流性食道炎の原因

  原因はいくつかあります。

 

  • まず食道下部括約筋の機能低下、それにより胃から胃酸が逆流しやすくなります。

 

  • 胃酸の分泌増加。

 

  • 胃内圧が高い。

 

  • 食道知覚過敏。

当院の徒手療法で出来ること

胃酸が逆流しないようにすること。

まず横隔膜の調整。

十二指腸の調整。

交感神経の抑制。

裂孔ヘルニアがあれば胃の調整。

 

 

昔は逆流性食道炎を今ほど良くなる確率は少なかったが、

 

クラシカルや北陸で学んだお陰で、

 

良くなる確率を上げることが出来た。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。